初めての!ウィッグ購入比較6サイト

TOP > ウィッグについて > 様変わりするおしゃれウィッグの使い方

様変わりするおしゃれウィッグの使い方

長さが欲しい、ヘアアレンジが苦手など、髪の悩みは尽きないもので、おしゃれウィッグは女の子たちのマストアイテムになっています。
おしゃれな女の子が増え、正統派の黒髪ストレートを街中で見かける機会も少なくなり、その分だけ、ウィッグで周りの視線を独占することや、女子ウケ・男子ウケなどまでが狙えるのも、おしゃれウィッグならではの活用法といわれています。
最近では、パッと見ただけでは被り物とは解らないほどクオリティーも高く、さらにガラッと印象を変えるにも、テクニックが必要となるメイクよりヘアチェンジが1番効率がよく、ウィッグならばそれも可能です。
漆黒の色味もあれば、ツートンカラーやグラデーションなど、地毛では難しい色を多彩に楽しむことができる上に、脱色で傷まないのもウィッグならではの利点です。


おしゃれウィッグの需要増である中、そのカテゴリーには、なりきり編とも呼ばれる、いわゆる衣装と合わせたコスプレウィッグも選ばれています。
パーティーやイベント、フェスを好む若者から支持されているのも特徴で、髪色が違うだけで雰囲気が様変わりすることも支持されている理由の1つです。
蛍光カラーやマカロンカラーなどから、製品によってコスプレ用にメッシュを入れることも可能で、パステルチョークを用いることもできます。
しかし、コスプレ衣装につきやすく、スタイルが長持ちしないことも懸念されるため、ヘアスプレーでキープしたり、個性的な髪型を形状記憶するファイバーウィッグの活用もオススメされています。
コスプレ衣装や小物、カラコンまでを取り扱っているショップにも、コスプレ用ウィッグが取り扱われています。
また、女子のみならず、男子もコスプレに関心が深く、最近ではゴスロリウィッグを被る男子の存在も話題性を集めています。
骨格がゴツゴツしているため、選び方としては、頬骨をカバーできるよう、こめかみより上部分からウェーブがかかっているヘアスタイルであればカバーもできます。


髪を切る勇気がでない、こうした声も聞かれるのは、ショートヘアや短めボブにありがちですが、さらにベリーショートにしたい声にも、フルウィッグならば応えることが期待できます。
被るだけで小顔効果もあるウィッグは、フルタイプのみならず、ハーフウィッグや前髪ウィッグなどを組み合わせたアレンジも話題を集めています。
1つのウィッグから何通りものアレンジが作られると話題で、コンプレックスに額の広さや狭さ、さらにニオイを挙げるケースも少なくはなく、こうした点からもアレンジウィッグが注目されています。
例えば、すっきりアップスタイルは、ポニーテールウィッグからも作り出すことができ、汗などのニオイを抑制する通気性も加味して製品を選びますが、前髪をアップにすることで甘くなり過ぎず、よりすっきりした印象に見せることができますし、ポイントの位置を変えだけで、ガラリとイメチェンできます。

カテゴリー

上へ戻る